2006年11月05日

CAMPERの靴

少し早い誕生日。
ずぅ〜っとお店の前を通る度に
気になってしょうがなかった靴をプレゼントに頂きました。

CAMPER(カンペール)はスペインのブランド。
足に無理のない、コロンとした独特のデザインと疲れない作りが特徴。
ちょっとお値段は高めですが、本当にびっくりするほどラクなんです。
そして作りもとっても丈夫です。
一度履いたらすっかり虜になってしまい、やめられません(笑)

足に優しい靴、毎日元気に過ごすためにも大切に履きます。
贈ってくれた方への感謝をこめて。

camper.JPG
posted by color at 20:43| 東京 ☀| Comment(48) | TrackBack(11) | favorite things | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

手紙

毎週のように通いつめていた映画館の予告でこの作品の存在を知りました。
『東野圭吾さん作品どれも好きだし、試しに読んでみようか?』
そんな軽い気持ちで書店でこの作品を手に取りました。

貧しく育った兄弟。
両親を亡くし、生活をするため懸命に働く兄は、
どうしても弟を大学に行かせたくて、その学費の欲しさに盗みに入り、
誤って人を殺してしまう。
残された弟。
仕事についても、夢をつかんでも、結婚したい女性が現れても、
「強盗殺人犯の弟」というレッテルが彼の道を必ず阻んでしまう。
そんな時間の中で、刑務所の兄から弟を心配する「手紙」が毎月届く。
家族を持ち、その影響が妻や子供へ及ぶと彼は決断する。
兄との絶縁。

感動と言うより、意外な展開と考え方に驚きを感じました。
罪を償うこと。それはその罪を一生背負って生きていくこと。
あまり普段は深く考えない内容だけに、
読み終えたあとはずっしりとのしかかる何かがありました。

私にとって忘れられない作品のひとつとなりそうです。

tegami.jpg
posted by color at 22:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

英会話はじめました

すーんごーくお久しぶりです。
あまりにも放置していたので、ほそぼぞと再開しようかと思います。
無理のない範囲で。。。

さて、社会人2年めに突入した私。
やりがいごたえのある仕事を任せられてはいるものの
まだまだ空回りしたり、チョンボしたりの連続です。

少しずつではありますが最近は外国の方との
打ち合わせに参加する機会が多くなってきました。
「なんちゃって帰国子女」の腕の見せ所。
けれど、急にぺらぺら話せと言われても「なんちゃって」は
そう簡単にはいきません。

会社で催される英会話に参加しています。
週に一回1時間半でひと月2000円ぽっきり。
リーズナブルな上に、1時間半みっちり英語付けになると
感覚が蘇ってきます。

この感覚が消えぬうちに、外国の方とビジネスの話があればいいのですが。。。
posted by color at 22:42| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

やってしまいました

昨日は久しぶりにジムに行き、
いい汗をかいて、さぁ立川駅へ買い物にでも行こう!!
・・・と張り切ったのはいいのですが、
デパートのトイレにジムの用具一式を忘れてしまい
めっちゃパニックっ。

でもデパートに電話したら無事保管されていたので
今日、またしても同じ場所へ買い物に行って参りました。
はぁ〜、オバカだわぁ。
でもジムデビューを果たす一歩となった大事な大事な一式が戻ってきて
とてもうれしいです。今度は置き去りにしないよぉ〜。

土日、同じ場所へ足を運ぶことになり
単調な週末にはなってはしまいましたが
3月に控えた休暇(会社で必ず取らなければならない3連休があるんです)
に向けて、京都旅行一人旅を予約してきたり、
思いっきり部屋を掃除したりと、
気分がちょっぴりはずむ、なかなか悪くない休日でした。

今週はバレンタインですし、少し気分を入れ替えて
晴れ晴れとした気持ちで過ごすとします。

p02.jpg
posted by color at 21:50| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

1リットルの涙

「俺、本を読んで初めて泣いた」
会社の先輩のこの一言に影響されて読んでみたのがこの本。

ドラマでもおなじみとなりましたが、
主人公「亜矢」が脊髄小脳変性症という病気に犯され
懸命に生きていく姿を日記につづった本です。

身体能力が次第に奪われ、最後には寝たきりで話すことすら出来なくなる。
障害に悩みならがらも、日記を書き続けることを生きる支えとして、
「病気に負けてたまるか」と自分を奮い立たせるように前向きに生きていく。
そんな彼女がペンを持つことが出来なくなるまで書き続けた日記は46冊にも及んだとか。

人間それぞれ悩んだり、つまづいたり、投げ出したくなることはたくさんあると思います。
けれど人生って捨てたもんじゃない
生きてるってすばらしいことなんだと認識させてくれる本でした。

「障害者と言う重い荷物を、ひとりでしょって生きていきます。
こう決断を下すのに、少なくとも、1リットルの涙が必要だったし、
これからはもっともっといると思います。」


このフレーズがなぜかとても印象的で、私の頭からどうしても抜けないのです。

1リットルの涙.jpg
posted by color at 23:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

客先デビュー

今日ははじめての出張。
打ち合わせのために、三重県へ。
三重県って、名古屋からすごく近いことを知ったのも
今日がはじめて。

デビュー戦はというと、結局は上司がほとんどを話してくれて
自分はただただ、黙って聞いているだけでしたが
こんなふうに新しい商品が生まれ、
世の中に出て行くんだなと実感しました。

日帰りだったし、電車の往復だけで
ゆっくりお土産屋さんを見る暇なんてなかったけれど、
名古屋駅の新幹線のホームで買った「天むす」が、
今日の自分へのささやかな「ごほうび」です。

tenmusu.jpg
posted by color at 21:43| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | traveling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

AVEDAのフットクリーム

中学生の頃から通っている美容院で最近扱い始めた「AVEDA」シリーズ。
天然成分から作られていて、人工的でキレイにまとまった香りではなく、
どこかほっと安心するような自然な香りです。
「アロマオロジー効果」というものらしいです。

ここの会社の面白いところは、どの美容室にも商品を卸すわけではないこと。
地球環境、自然を大切に守っていきたいというこの会社の考えに
賛同してくれるお店にだけ商品を販売してくれるそうです。
美容院の店長さんも、度重なる面接と講習を経て
ようやく自分のお店でも使えるようになったことを話して頂きました。

その美容院で出会ったのが、このフットクリーム。
伸びもいい上に、ミントのスーッとさわやかな香りが漂い、
ミントのヒヤッとする感覚で足のむくみも和らげてくれます。

足のマッサージクリームはいろいろ試してみたけれど、
今回ほど満足度の高いものは初めてかもしれません。

ムクミが気になる方に、ぜひ試していただきたい逸品です。

footcream.jpg
posted by color at 22:34| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | favorite things | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

多忙とプレッシャー

先週と今週と、めまぐるしい毎日を過ごしてます。
仕事の大変さを実感しております。

客先への回答事項をまとめることひとつとっても
書いた人が後々の責任を負います。
たとえ、無理のある日程でも上司がGO!と言えば
やらなければなりません。

社会人1年目でまだCADで図面を引くのもおぼつかない私。
簡単な設計でも人の3倍の時間がかかって。。。残業(涙)

いい仕事を任せていただいているうれしさと
短い納期で、まだ手に負えない自分の無力さとのハザマで
私は今日も、なんとか生きながらえています。

誰でも出来るわけでもない、この仕事。
はやく先輩に聞くばかりでなく
立派にこなせるようになりたいものです。
posted by color at 22:00| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

ぐぅたらな日曜日

昨日の疲れでしょうか?
起きたら11時前。
なんだか損した気分。

掃除、洗濯を済ませて、
無理をせず、今日はゆっくりダラダラする日!
最近そういえば仕事に追われて料理なんてしてなかったかな?

りんごのコンポートを作って、ちょっぴりいい気分。
さて、ゆっくりしたことだし、
明日からまた新たな週。
前向きにがんばんないとね。

060129_2204~0001.jpg
posted by color at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

センチメンタルジャーニー

今の私の原点と言えるかもしれません。
今日は12年間過ごした、つくばへ。
そして、初めてつくばエクスプレスに乗りました!
速いっ!南流山から快速に乗ったのですが、
途中2駅しか止まりません。
田園が広がる風景に懐かしさを感じ、
徐々に近づく筑波山を眺めてなんだかワクワクして。
在学中にこの電車ができていたらどんな生活になっていただろう?

060128_0950~0001.jpg

10ヶ月ほど前まで住んでいた場所なので、
学生時代良く足を運んだ場所、
貧乏学生では敷居が高くていけなかった場所、
と1日かけてドライブを楽しみました。
運転してみると、道も場所も意外と覚えているものです。
けれど、思い出がぎっしり詰まっている分
ほっとする反面、なんだか胸が痛くもなります。

『12年』という年月の重み。
もう元には戻れないのに、それを望んでいる自分がいました。
それだけ充実した生活を送って来られたと言う証拠なんでしょうね。
posted by color at 23:05| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。